トップ / 矯正歯科を小学生がする事

矯正歯科を小学生がする事

矯正歯科の適齢期

うがい薬

小学校高学年から始める矯正歯科

矯正歯科に通院を始める最も、適した年齢は10歳~12歳とされています。これは、乳歯から永久歯に歯がすべて生え変わり(親知らずを除く)、成長期により骨格の形成が開始されるので矯正した歯が最も動きやすいとされるためです。矯正歯科は、小学生用の治療器具を豊富に取り揃えており、対応にも慣れているのでお子さんを安心して通院させることが可能です。異性の目を意識し始める、中学・高校期にはきれいな歯並びを手に入れることが出来るので、同時期の受診を強く推奨いたします。

矯正は大人になってからでも良い

歯の矯正治療を成人になってから希望する人が増えてきています。子供の頃は治療に必要な装置を着けて過ごすことが不快で、通院することが嫌になったり、先生の指導を守らなくなったりしがちです。成人してから自発的に治療を行う場合は、そのような心配がなく、治療費を自分で支払えることも多いです。接客業をしている方や営業職の方でも、歯の裏側から行う治療法があるので、仕事に悪影響を及ぼさずに治療をすることができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 街中に溢れる歯科医院. All rights reserved.