トップ / 歯肉炎を予防しましょう

歯肉炎を予防しましょう

歯肉炎の予防方法

うがい薬

歯肉炎にならないためには

歯肉炎とは、どういう状態を言うのでしょう。簡単に言えば、歯茎が赤く腫れたり、出血した状態です。改善されないまま、長く放置すると歯周病へと症状が進み、歯がぐらぐらしたり、抜けてしまう原因にもなります。対策としては、歯と歯茎の間の歯垢がたまりやすい部分を丁寧に、歯ブラシを斜めにしてブラッシングする事、歯肉炎対策の歯磨き粉を使う事、定期的に歯科医院を受診して歯垢を除去してもらい、歯と歯茎の状態をチェックしてもらう事が大事です。

虫歯ができてしまったら歯医者へ

歯医者が怖いなどの理由から虫歯ができてしまっても、治療を行わずに虫歯をそのままにしてしまう人がいますが、虫歯が痛みの原因となるだけでなく虫歯が原因で、死に至ることもあるぐらいに恐ろしい菌です。ですので、虫歯ができてしまったらすぐにでも治療を行う必要があります。最近の歯医者での虫歯治療は、痛みを感じない無痛治療が主流になっているので、痛みを感じることはほとんどないので、患者さんも安心して治療を受けられるようになっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 街中に溢れる歯科医院. All rights reserved.