トップ / 歯科医師による歯磨きの仕方

歯科医師による歯磨きの仕方

歯科で虫歯予防の教え

うがい薬

歯科での歯ブラシ指導について

歯科では患者に対して歯ブラシの指導を行います。この指導は難しいです。なぜなら、患者によって歯並び、磨き方のクセ、改善部分が違うからです。機械的な指導を行うのではなく、粘り強く個人に合った指導を行った方が良いです。また、歯科医師の業務には患者の状態にあった歯ブラシをすすめる事もあります。これは現在の歯の状態や今後のリスクを考えて慎重に行った方が良いです。これを間違えてしまった場合、患者の歯に悪影響をもたらす危険性が高いです。正しい方法を患者に伝える事によって家庭での長期的な虫歯予防につながります。

医師がおすすめする歯ブラシ

歯科医がおすすめする歯ブラシには、虫歯が多い方に使用してもらいたものと、歯周病の方に選んでほしいものとに、分けることができるようです。虫歯の多い方には、ブラシのヘッドが小さく、毛の固さは普通でコシがあり、毛先の切り口がまっすぐなものが良いそうです。歯の奥まで磨き残すことなく、歯と歯の間も溝に毛先が入り、歯垢を除去することができるようです。歯周病の方には、毛先が細く柔らかい毛の固さのブラシが良いそうです。歯科では、医師が推奨する歯ブラシも販売されているところがあるため、相談してみるのもいいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 街中に溢れる歯科医院. All rights reserved.