トップ / 歯科医師が英語を学習する利点

歯科医師が英語を学習する利点

国際化と歯科について

うがい薬

歯科における英語の必要性

歯科では主に日本人の方が訪れるので、英語を話せる必要はありません。しかしこれから国際化が進むことで外国人の方が訪れることを考えると、学んでおくことは無駄にはならないと言えます。他の医院との差別化にもなるので、時間を見つけては学習してみるとよいでしょう。加えて歯科を続ける上では、最新技術の研究が欠かせません。英語を使いこなせるのであれば海外の研究結果は論文にも気軽にアクセスできるようになり、自身の技量を伸ばすのに役立ちます。最新設備を医院に導入する際にも、海外とのやりとりで役立つだけに、スキルを持っておく価値はあると言えます。

海外での治療にも英語が必要

もしもあなたが海外旅行中に歯が痛くなってしまったらどうしますか。痛みが引くまで我慢することもできるでしょうが、それでも我慢できない場合は歯科治療を受けなければなりません。しかし、慣れない海外で、英語で自分の痛い場所や状態を伝えることは難しいものです。そこで、まずは事前に歯医者さんに伝える内容を考えて決めておきましょう。そうすれば、いざ自分が歯科医院を見つけて到着しても安心して治療を受けることができます。早く治療を受けたいのに英語が分からずにパニックになって自分の痛い場所が伝えられないと、治療を受けることもできません。

↑PAGE TOP

© Copyright 街中に溢れる歯科医院. All rights reserved.