トップ / 日本のインプラントの技術

日本のインプラントの技術

インプラントが快適

うがい薬

インプラントで食べる喜びを

歯を根元から失った場合の最新の治療法がインプラントです。これでまでも義歯やブリッジなどの治療法がありましたが、根がないために噛み心地はよくありません。その咀嚼力は自分の歯の3割程度とも言われるほど。硬いものが食べられず、食事の楽しみも奪われることも多々あったのです。それがインプラントでは違います。顎の骨にボルトのような人工の歯根を埋め込み、結合させるのであたかも自分の歯のような噛み心地を実現したのです。

きれいなインプラントの歯

インプラント治療が進化しているものは、失った歯を治療して補うために手術が正確にできるという医療器具や、医療技術などの安全性ばかりだけではありません。以前のものであれば人からあそこに作り物の歯が入っていると、ひと目で分かるような人工歯だったのですが、現在のインプラントによる人工の歯は周りにある天然の歯と見分けがつかないほど精巧なものとなっています。人によってはもとにあった歯よりも形や色がきれいにできているものもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 街中に溢れる歯科医院. All rights reserved.